人気卓球ラバー最新お買い得情報

人気卓球ラバー最新お買い得情報

全国の卓球ラバーの売上情報とお買い得価格をランキング形式でご紹介

楽天さんと提携して毎日売れ筋情報を自動集計し、お役立ち情報満載でご紹介させて頂きます。
恐らく業界最安値(税込)で基本的に送料無料・クレジットカード払い可能です。
(詳細はリンク先の各店舗でご確認ください。)
「即お買い上げ可能」「いつみても楽しめる」「便利なコーナー」にして行きたいと思いますので、ご参考にどうぞ!

さて6月30日時点のラバー売上TOP30は…

23:00の時点では

1位 ロゼナ(¥3,850
2位 ロゼナ(¥3,980
3位 テナジー05(¥7,095

でした。
各店舗の商品登録に不具合があり、同じ商品がランクインしていますが
金額の安い方がランキングが上で表示されています(笑)
ランキング表の下には「ライガンスピン」のファーストインプレッションと実際に使ってみた感想を記載しました。
もしよろしければご覧ください。
※最新の情報は下記ランキング表で随時更新していますのでご覧ください。

関東地方はすっかり梅雨の時期になりました。
この時期はラバーの湿気対策が色々紹介されますが、
結局は早めにラバー交換をするのが一番の湿気対策になるのではないでしょうか?
私自身も湿気が原因でラリーがあまり続かなくなり、消化不良の状態になって来たので、バック面だけ早めにラバーを交換することに…(笑)
今回は初めて「ライガンスピン」を使用することにしました。

ライガンスピン_パッケージ
ライガンスピン_重さ
ライガンスピン_シート
ライガンスピン_スポンジ表面
ライガンスピン_側面

「ライガンスピン」ファーストインプレッション!!

6月25日 23:00時点で3位にランクインした「ヴェガヨーロッパ」の1ランク上の性能を期待して購入しました。
パッケージを開封してみると気泡の大きいスポンジと物凄く水々しいシートに特徴があります。気泡の大きさはテナジーのスプリングスポンジと同等かほんの少し大きく感じます。
スポンジを指で押してみると柔らか目ですが、若干コシもあります。
ラバーの重さは軽さを期待していましたが、接着材を多めに塗った為か平均的な重さになってしまいました。
実際にラバーを貼って球突きをしてみると、そこそこの弾みと包みこむ様な柔らかさがあり、引っ掛かりはかなり良さそうです。
全体的にバランスが良くファーストインプレッションとしては好感触なので、後日試打のご報告が楽しみです。

「ライガンスピン」バック面で実際に打ってみた!

4日間で合計8時間練習しましたので、ほぼラバーの特性を理解できましたのでレビューさせて頂きます。
※私の技術レベルが新体連4部程度である事をご考慮下さい。

スピン量(最大):★★★★☆(3.9)
スピン量(通常):★★★★☆(3.3)
スピード(最大):★★★☆☆(3.0)
スピード(通常):★★★☆☆(2.5)
コントロール  :★★★★★(4.7)
耐久性     :★★★★★(4.5)
スマッシュ   :★★★☆☆(3.0)
ドライブ    :★★★☆☆(3.5)
サーブレシーブ :★★★★☆(4.0)
チキータ    :★★☆☆☆(2.0)
ツッツキ    :★★★★★(4.5)
ストップ    :★★★★★(4.5)
ブロック    :★★★★★(4.7)
ロングサーブ  :★★★☆☆(2.5)
ショートサーブ :★★★★☆(4.0)
ラバー重量   :★★★☆☆(3.0)

  •     80点満点中 57.2点 !!

結論からいうと…シートやスポンジ構造は全く異なりますが、ラグザ7ソフトに似ていると思いました。同じメーカだから当たり前ですね(笑)
しかし、ライガンスピンの方が更にコントロール性能を高めた感じです。
ブロックがとても安定していてサーブレシーブもやり易く、コントロール性能につきましては私が使用してきたラバーの中でトップクラスです。
これで、もう少しスピードがあればパーフェクトだと思いました。
スピードは相手を追い込むくらいの早さはあるものの、スマッシュの爽快感はラグザ7ソフトが上です。
あと、気になったのがチキータの球質です。
球質に切れがなくマッタリ?とした緩やかな弾道しか出せませんでした。
スピードと回転の両立に少しなれが必要です。
全体的には尖がった性能はありませんが、何よりもコントロール性能が抜群です。一発で決めるラバーではありませんが、回転が掛けやすく自分のゲーム展開を作りやすいのでゲーム練習はいつも以上に楽しめました。
また、特徴がある水々しいシートはパッケージを開封したままの状態が続いていて劣化の進行が遅く、台に軽くぶつけた程度では欠ける気配もありませんでした。
長所、短所を勝手にレビューさせて頂きましたが
上記のランキング表から2,780円(税込・送料込)!!で購入できたので、コスパは抜群ではないでしょうか?
下記海外の評価では8位にランキングしていますので、合わせて比較してみてください。


海外の人気卓球ラバーランキング

一方で海外の人気卓球ラバーランキングはどのようになっているのでしょうか?
こちらは売上ランキングではなく、あくまで様々な評価を数値化した物ですが、日本国内とはまた違う評価になっているのが興味深いです。
色々情報があった方が客観的にラバーを評価できると思いますので、こちらもご参考にどうぞ。

表の中に英語表記があります。
Speed、Spin、Controlの意味はお分かりになると思いますが、その他の表記は下記の意味で理解して問題ないと思います。

Tacky…粘着性
Weight…重さ
Sponge Hardbess…実際に打った時のスポンジの硬さ
Gears…ラバーへの食い込み
Throw Angle…弧線の高さ
Consistency…品質の均一性(日本製は満点ばかり、流石ですね)
Durable…耐久性
Overall…総合評価
Ratings…評価した人数

こちらの情報も可能な限り随時更新して行きます。
(上記の耐久性の比較表もrevspin.netさんから引用させて頂きました。)

6月25日現在

何と!意外にも1位は「Bluestorm Z1 Turbo」なんです。
実は私もこのラバーを気に入っていて、フォア面(厚さMAX)で使用しています。
この評価通りに弾道は直線的でとてもスピードが出るので基本的にスマッシュ打ちが楽しいラバーですが、慣れると結構回転も掛かるので練習相手からは意外と中国ラバーの様な球質だと言われることもあります。私の場合はこのラバーを使ってループドライブとスマッシュ気味のドライブでゲームを組み立てています。

商品の発送状況や到着した商品のお問い合わせやクレーム等は当方では受付けておりません。あくまで商品の情報を楽しく提供するコーナーとなっておりますので、ご購入時は自己責任でお願い致します。

海外の卓球経験をブログにしました。もしよろしければご覧になって下さい。

台湾珍道中(ご当地卓球編)